プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 来週月曜までが、CD新シリーズのリクエスト期間です。コロムビアのサイトはこちら
 今回のリクエストは、千早と響の二人です。私はとりあえず6曲ほどリクエストしました。全部千早ですが。響はまだイメージが今ひとつつかめないので、選曲に難儀してます。せめて1曲だけでも、とは思うのですが、SPEEDとか安易なのしか思い浮かびません。しかも曲知らないですし。

 さて、RDG(爽快P)氏【 爽快・楽しくなる動画 】に、新年会の感想を捕捉して頂けたようです。ありがとうございます。ということで、せっかくなので第二回をエントリしたいと思います。

 長くなってしまったので格納しました。下の方の続きを読むからどうぞ。

 ということで、先にコメント返信です。
<Tomさん>
>コメントする時にどの辺りについてコメントすればいいのか悩みましたw
 いやはや、真に申し訳ないですw いちじょーPの動画がせつなくて感情を抑えることが出来なかった、という言い訳でご容赦ください。

 感想、というもの自体がこれまであまり書いたことが無いので、セオリーとか判っていないんだと思います。書いて覚えるか、それとも他の感想をそもそもメインとされている方の文章を沢山読むか、はたまたその手のHowTo本を読んでみるか、なんらかの形で基本的なコツを覚える必要があるのかもしれません。

 特に、一応架空戦記の続きはやるつもりでいますし、ノベマス方面も手を出してみたいと思っていますので。

【フルみっくP×どん底P 製作】【【im@s新年会】フルみっくで シアワセうさぎ(再)【ミク♂の本気】】


 まず、これを27時間の初見時にマイリスに入れた理由は、冒頭のダンスシーンと聴いていて楽しくなる楽曲だと思います。静的な導入部分から優しい歌声なんだけれどワクワクさせてくれるサビ部分に突入すると、それにあわせて画面狭しと飛び跳ねるやよいと伊織。これをいきなり見せられて気持ちが高揚しないはずもなく。即座に忘れないようにマイリス登録してから、続きを見たんだったと思います。

 今回感想を書くにあたって繰り返し見ているのですが、ダンスシーンに限らず3Dモデルを使っての絵作りが本当に良いなぁと。自分も765MBSで、キャラ同士の位置関係や、カメラの被写界深度なんかを多少意識して製作したシーンがありますが、それをもっと自然に形にされているのが印象的でした。二人の心の距離感とか想いのベクトルとか。

 そういう意味で気に入っているシーンは、
 ・ローアングルで二人の姿越しに青空を見上げるシーン
 ・頬杖をつく伊織から、それを廊下から見つめるやよいへと被写体が移るシーン
 ・お互いが、勇気を出して相手の手を取りに行くシーン
といったあたりでしょうか。こうして並べてみると構図だけでなく表情が良いシーンでもあるかと思います。

 ミクによる歌の方なんですけれども、東方は追いかけてないんで初期しか知らないということで、元を聴いてみることに。聴かせて頂いたのはコチラ。


 前述の通り、それこそまだ陰陽師全盛の頃の曲しか知らないので、東方の楽曲はネタ的な曲ばかりかと思っていたのですが、これはガチで良いですね。
 さて、これを踏まえてミクの歌を聴くと自然で良い調教だというのがよく解ります。音の伸ばし方がやわらかくて優しい雰囲気になっているかなと。それがやよいと伊織の二人を優しく包み込むような、そんな雰囲気になっているんじゃないかなと。

 また、詞というか選曲ということになるのでしょうけど、元の曲における言葉の意味とは少しニュアンスが変わってきてしまっているのかもしれないのですが、やよいは素直でストレートだからつい伊織にかまい過ぎて、それが素直になれない伊織につい反発した態度をとらせる、そんな二人の微笑ましいやり取りを自然と思い浮かべることができます。

 最後になってしまいましたが、やっぱりはずせないのは、最後のミクの3Dモデルが出てきてからのパート。ミクが「Go My Way!」を踊っている事と、「私とこれからも仲良くしてくれるよね」という詞のパートをミク自身が歌っている事、これが当初のCM動画でも提唱していた「アイドルマスター×ボーカロイド」を端的に表現した部分であり、良い橋渡しになっているなぁと。そこにさらに東方の楽曲をあわせてるあたりがまたなんとも粋なP達だなぁと。

 27時間をリアルタイムで追いかけて、お祭りとして勢いに乗って楽しむのも良いですが、こうやって繰り返し見ることで見えてくるものもありますね。全部の作品にそうやって時間を使える訳では無いのが現実ではありますが、多少のチョイスはしてもウォークマンに入れて持ち歩きたいと思います。


 実は、やよいと伊織をメインに据えてPVを作りたいと思っている曲が有るのですが、千早の誕生祭が終わったら作りたいと改めて想いました。


<おまけ>
 動画の真ん中あたりで、やよいから逃げた伊織が他の皆とぶつかって青筋立てるシーンがありますが、あれって他のアイドル達が皆して覗き見してたって事なんですね。だから春香さんがののワってとぼけている、と。周りも気にして見守っているというシチュエーションが、またいいですね。



テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 仕事でした。 | ホーム | とらドラスピンオフ2 >>

コメント

>>クシオークP
春香動画関連で「噛めば噛むほど天海が増す」というタグがあります。
「千早ファンの秘境」みたいなマイナータグですんで、重宝しています。

「春香をもっと好きになる動画」も少なくてオススメ。
『「さよなら大好きな人」 花*花』の弟Pにも是非3作目を作って欲しいものです。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。