プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週末、金曜日~日曜日の3日間に行われました、VerRockFestival(公式はこちら)が、大成功のうちに閉幕いたしました。









 主催は、われらが0808Pの盟主めいろっくPと、同じく同期PでセンスもスキルもTopクラスのVersusPのお二人で、半年かそれ以上の時間をかけて準備を進めてきたとのこと。
 ステージと会場とが一体となって音楽を楽しむ。
 二人が体現したかった事が、視聴者を含めたみんなの力で結実した、実に素晴らしい3日間でした。

 これはあくまで偶然なんだろうけど、この12月というのが、お膳立てをされたかのような最高のタイミングだったと思っています。
 9.18の件があって、ちょっとした事でも裏を勘ぐってしまうような、余裕の無さが目いっぱいな処まで来たこの時期に、そんな空気を払拭する特大の花火を「VRF」が打ち上げてくれました。
 それは確かに結果論であり、私の個人的な感想でしかないんだけど、主催二人の想いと、参加Pがこれまで積み上げてきたものがあってこそ生まれた結果だと思っています。

 彼らが用意した作品群は必ずしも新作ではありませんから、VRFの有無とはまた別の処で、自らの意思で丁寧に築いてきたものになります。
 七夕Pの新作、セットリスト最後の作品に対して、略Pがその為の新作を用意するのではなく過去作をまっすぐにぶつけてきた流れからも、それははっきりと見て取れます。
 10年12月という時期とか、9.18後とか、そういうシチュエーションそのものは偶然でも、「大丈夫だ、問題無い」と確信を持つことができたのは、彼らが積み上げてきたものがもたらす必然だったと思うのです。

 「アイマスは人生」

 自分の動画に、誰かがテンプレ的につけただけのこのタグに、すぐさま大百科記事を書いた誰かがいて(同じ人かもしれないけど)、そのノリに同調して私がタグロックして……。
 そうやって出てきたこの言葉が、現実味を帯びてきたと感じる程の期間が経過し、少なくとも我々の人生の一時代は、もう既にアイマスで染まっています。
 もうだいぶ長く付き合って来たけれど、もうしばらくは一緒に居たいものです。

 そう改めて思わせてくれた「VerRock Festival」に最大限の賛辞と感謝を送りたいと思います。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【 Powder Snow 】 | ホーム | 【 そろそろ今年を振り返る頃合? 】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。