プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「アイドルマスター2」における最初のCDシリーズがリリースされました。
 3種ともに1枚ずつ買いましたので、適当に感想のようなものをダラダラと。
 ネタバレ風味な処もございますので、ご注意ください。




 11月3日に発売された第1弾は、春香・響・美希の3人だった訳ですが、こう言ってしまってはなんですが、やはり露出がまだまだ少ない響が新鮮に感じてしまいます。
 (「開発段階には云々~」の話を除くと)SPからなので期間としては随分と経過してはいますけどね。響としての、特にセリフがあるドラマパートという形での登場はそれ程多くなかったと思うので。
 ラジオを聞いてないので(あれはあくまで中の人の番組だと思っていますので、アイドルに対するイメージに影響を受けてしまうのを個人的には避けたくて)その影響もあるかもしれません。

 特に、響は今回「あほ可愛い」全開で、ハムスターが回し車をガーッと全力で回したはいいものの、すぐにへばって止まってしまう、みたいなトークの様子がなんとも小動物的な印象でかぁいい。
 このあたりを「響らしさ」としてキャラ付して行くのでしょうか。

 春香さんは春香さんで今回もやらかしていますが、アイドルとしての自覚が無いというか、「お仕事中なのを忘れてしまう」という方向性で、響とのすみわけをして行きそうですね。
 「お仕事中であることを忘れてしまう」というのは、話に夢中になって普段と変わらない感覚で居る、という意味を持っていて、それを「普通の女の子っぽさ」として扱っているのかなぁと。

 長電話が趣味という事で、トークの話題として出ていますけど、電話に限らず基本的には「おしゃべり好き」という感じでした。
 途中何を話そうかと迷う事はあっても、一度話を始めると途切れることなく話し続ける様子は、相槌を打ちながらそんな春香さんを眺めているだけでニヨニヨできそうです。
 まぁ、いつの間にか横道どころか立ち入り禁止の黄色いテープにすら気付かずに逸れていくんですけどね。それもらしくて良いと思います。

 美希は、トークの際に複数の相手を想定した喋りをしているあたりが、春香さんや響とちょっと印象が違う処かなぁと。
 春香さんと響は、どちらかというと1対1のイメージに対して、美希の場合はステージ上からの呼びかけのような、同時に不特定多数を相手にしている感じ。
 そんな印象があるんですよね。このあたりが、美希の天才肌の雰囲気づくりに貢献してるように思います。
 まぁ、あくまで私の持った印象の話ですが。

 ただ、その美希の「みんな~」というトークでの呼びかけを聞くと、どうしてもこのAAが思い出されてしまいます。

       ____         / ̄ ̄ ̄\
       /___ \      /  ___ ヽ  
    /  |´・ω・`|  \    /   |´・ω・`| \ みんな~
   /     ̄ ̄ ̄   \  / _,    ̄⊂二二)
   |  i          ヽ、_ヽl |        |
  └二二⊃         l ∪  |          |
     |   ,、___,    ノ    |    ,、   |  
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /    
   _____/__/´     __ヽノ____`´



だれか↑のAAを美希版に改変してくれないかなー(チラッ




 楽曲については、新曲・カバー曲、沢山聞く事ができたわけですが、個人的な好みとしては響の「涙そうそう」が一番好きですねぇ。
 まぁ、これは楽曲が自分の好みに合っているのに加えて、ぬーぬーが上手過ぎる上に、導入部分のトークでちょいホームシックっぽい事を響きに言わせる演出があり、諸々合わさってずるいくらいなのですw
 結局のところ自分の好みがこういう旋律重視で落ち着いた曲なので、「Tip Taps Tip」なんかも3 Version 共に聞き入ったり。

 「Tip Taps Tip」は、リクエストを考えているときに「難しいかなぁ」と思って候補から外していて、思いつかなかった・知らなかった以上に完敗だったりするので、猶のことリクエストした方に感謝していたり。
 思えば、春スペの雪歩カバー曲「For フルーツバスケット」もそんな感じで外してたりするんですよねぇ。
 ま、あとからなら何とでもいえる負け犬の遠吠えではありますがw

 共通新曲の「MEGARE!」は、可愛さ全面押しで、ある意味今回の3人はイメージ通りというか、本人のイメージとの間にギャップがなく、手放しで「可愛い」と言って喜んでいられました。
 が、次に控えている「真・千早・貴音」の3人を想像すると、今回の3人とはまた少し違った意味で可愛いの想像出来て楽しみです。LOBMの時と同じでしょうか。

 なんか千早が収録結果に駄々こねて取り直しをしているらしく、一人だけ発売が延びましたが、早くも楽しみであります。
(↑は、もちろん冗談ですが、そう考えると納得できるのです。不思議!)


おまけ:現時点で未発表の真美・雪歩・やよいの、リクエストした曲
 真美 :「真赤な誓い」(福山芳樹さん)
 雪歩 :「透明な感覚」(白爪草話主題歌?)「桜」(堀江由衣さん)
 やよい:「はぁ~い!はぁ~い!はぁ~い!」(ぴたぴたえんじぇる=田村ゆかりさん+新谷良子さん)

 基本的には、好きな楽曲からそれぞれの歌声をイメージして、聴いてみたいと思った曲を選んだつもり。

 あとは、基本的なアイドルのイメージでしょうか。
  真美 →ヒーロー物の特撮・アニメが好きそう(ヤキニクマンとかからのイメージ)
  雪歩 →変わりたい、自立したい、というアイドルを目指した理由に重ねて(主に詩がそういう内容)
  やよい→可愛く元気を回りに振りまくイメージ(タイトルの「はぁ~い!×3」と「ハイターッチ!」のちょっと似てる感じもプラス)




テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【 そろそろ今年を振り返る頃合? 】 | ホーム | 【 ニコニコ動画を見始めたことで購入したもの 】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。