プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハルカニ参加用動画「Be Myself」をupいたしました。



 今回、ハルカニに向けてこの曲で作ろうと思った理由は、春香さんのライブにこの曲が入っていてほしかったからです。
 本当にごく稀になのですが、春香さんコミュのニコ生を見る事があります。そんなとき決まってmusePの作品がリクエストされて、コメントでコール入れてすごく楽しんでいるなぁと、いつも感じます。
 どの楽曲で参加しようか考えている際に、そんなニコ生の様子を思い出して、ぜひこの曲で参加したいと。そう思った訳です。

 私自身、musePの「Be Myself」が好きで、いつかこんな可愛い動画を作りたいと思っていましたし、丹下さんの楽曲を再び聞くようになった切っ掛けでもありますし、自分の動画の傾向が「千早ソロ」から「はるちは」へと変化してゆく分水嶺でもあったように思います。
 そういう色々な思いや考えが重なって「やるなら今回のタイミングしかないかな」と思い、作らせていただこうかなと。

 さて。製作するにあたって、いくつかポイントとなる所がありましたので、それについて書いておきたいと思います。


 最初は【Short音源について】

 まず、リスペクト先であるところのmusePの作品ではフルの音源を使用されておりますが、長い動画はこりごり生放送などもある事ですしあまり長いと迷惑かなぁと思いましたので、Short音源を作る事にしました。
 そうなりますと「どこをカットするのか」という話になります。そこで思い出したのが、musePが何度かブログなどで仰っていた「黒春香等のキャラ付けがなくても春香さんはかわいい事を訴える為」というPデビューの理由です。(今は、そういうキャラ付けされたものも含めて大切なのだと仰っておられますので、誤解無き様お願いします)

 その事を念頭に改めて「Be Myself」を聴いてみると、原曲2コーラス目のサビ部分
  Be Myself 見つけたい
  Be Myself 大切な
  誰でもない、オリジナルの私
という詩が強く胸に残ります。自分が当初「春閣下」と言って喜んでいたクチだったりするのでなおさらです(汗)

 というわけで、ここはカットするわけにはいかないと見極め、1コーラス目のBメロから2コーラス目のサビへと飛ぶ形で編集しています。



 続いて、【音源の加工について】

 最初に申しましたように「春香さんのライブのセットリストにこの曲が入っていて欲しい」という気持ちがありましたので、その音源をライブ風見に出来ないかと最初に考えました。
 で、自分のスキルではそれほど難しいことなんて出来るはずがありませんので、まずはライブ風に加工してくれるフリーのソフトが無いか探していた所、ついった経由でドリPに「リバーブ」という音声エフェクトの一つが、そういう加工に使えると教えていただきました。(ドリPには改めて感謝を)

 その助言に従いまして、リバーブという効果をあてる事が出来るソフトは無いかと探していたところ、どうも自分の使っている編集ソフトがその音声エフェクトを持っているらしい、ということで確認すると確かにありました。
 また、歓声や手拍子、掛声の類も当然あった方がいいということで、最初はICレコーダーでも買ってきて録音でもしようかとも思ったのですが、よくよく考えたらL4Uの「声援モード」がそのまま使えそうということで、楽曲が鳴りだすまでの無音部分を使って効果音のみの音声データを作成したり。
 そうやって用意した素材を楽曲に合わせてひとつずつ編集ソフトに配置し、作成したのが、今回使用した楽曲となります。
 どの程度手拍子等を追加するかは悩みましたが、あくまで雰囲気程度に抑えてあります。


 【歌手名・タイトル表示について】

 ダンスが一通り組み終わりましたら、タイトルや歌手名などをどう表示するのか考えます。今回はmuseP作品へのリスペクトになりますので本家に倣って、歌手名(春香さんと丹下さん)とタイトル(曲タイトルとイベントタイトル)のリング状のオブジェクトを作成して配置しました。

 実際作成してみて判ったのですが、テキストをリング状に並べる加工というのがフォトショップLEだとかなり難しいというか、一文字ずつ手作業で回転させて配置させないとならないみたいなのです。アーチ状や極座標などのエフェクトですと、縦方向にゆがみが生じて細長くなってしまいます。
 そこで利用したのが、たまたま導入していた「Inscape」というフリーソフトです。このソフトは指定した線に沿ってテキストを配置する機能を持っていますので、最初に図形ツールで丸を書いておくことで、その丸に添ってテキストを配置させることができます。
 当然、三角形でも波型でも星形でも、そういう図形さえあれば可能なはずですので、そういう演出を使ってみたいという方にはお勧めです。


 最後に【色調の補正について】

 色調の補正についてはかなり漠然と行っておりまして、完成した動画それ自体を素材として、同じものを上に重ねて不透明度を変更したり、合成方法を変更してみたり、RGBを変えてみたりと、実際に画面上で確認しつつやってます。今回は、全体的に春香さんの「赤」を強調するようにしています。

 主な調整としましては、
  ・「RGBカーブ」エフェクトで緑と青を全体的に落として赤を強調しています。
  ・「ライン抽出」エフェクトで線画風に加工して、その「線」を赤色にします。
   それに少しブラー(ぼかし)を掛けて透明度を調整し重ねています。これで赤い縁取りを入れています。
  ・下から画面中央あたりまでで赤から透明へと変わるグラデーションの画像を重ねています。

といった補正を掛けています。

 以上が、今回演出として行った加工らしい加工の内容になります。あまり派手なものが無いのは、Liveステージの映像という枠からはみ出せない頭の固さのように思われます(苦笑)

 本当は、自分の動画らしさということで静止画を間奏部分で入れてみたいと思ったのですが、ちょっと構図が思いつかず、またライブ中のワンシーンを切り取ったかのように見える演出というのが、どうして良いものか分からず仕舞で断念しました。

 というわけで、見ていただいたかに楽しんでいただけたなら幸いです。自分もいつの回で流れるのか聞いていませんので(運営に質問すれば教えてくれますが、あえて)、生放送楽しみにしたいと思います。

 最後に改めて、快諾くださったmuseP、ご助言いただいたドリP、このような場を作っていただいたハルカニ運営とロゴ製作者である略P、そして見てくださった皆様に感謝を。

 

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【 Harukarnival'10 初日公演 】 | ホーム | 【 打ち切り 】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。