プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハルカニ用動画の1本目になります「一番星」をupしました。



 さて、この楽曲を選んだ理由ですが、詩があのEDの春香さんと重なる気がしたのです。
 「自分を生きる事がなぜ、こんなにも難しい」
 「僕のカバンに叶えていない夢がひとつ」
 「あともう少し、けどあとどれくらいの、歩幅で歩けばいい」
といったあたりが。

 ちょっと、「アイマス的」というよりは「ニコマス的」なのかなぁとも思いますけど。でも、「自分の望みよりも、アイドルとしての自分を優先させる」ように言われて、一度は反発する春香さんの気持ちに近いんじゃないかなと、そう思ったのです。

 一度反発して、それでも春香さんは多分「プロデューサーさんがそれを望むなら」と考えて受け入れるのだと思います。それはプロデューサーに対する信頼があってこその話だと思うのです。

 ですが、もうプロデュースを終えて一緒に居られなくなるという事実に追い詰められている春香さんは、恋人同士の睦まじい様子を歌った「太陽のジェラシー」をラストソングに選択するとテンションを下げてしまいます。
 それは、最後の夢の大橋でプロデューサーと話をするまでは、自分の気持ちをもてあまし気味にずっと抱えているからなんだと思います。

 だからこそ、それが春香さんの本当の気持ちなんじゃないかな、と。その気持ちをもし歌にしたら、この「一番星」のような歌になるんじゃないかなと。そう思っての曲選択です。
 今回編集の都合でカットしてしまった2コーラス目以降になると、さらに直接的に重なる部分があるので、機会があればぜひ聴いていただければと思います。

 最後になりますけど、よく春香さんに歌のうまい人の楽曲を合わせるとそれを茶化すコメントが出てきます。まぁ、ニコマス的には定番ネタではあるのかも知れないですけど、でも別にゲームでVo.レベルの成長が途中で止まるとか、そういう演出がされている訳ではありませんので、「歌が上手くたって良いじゃないか!」と思うんですけど、世間的にはどうなんでしょうかね。

 音を外してる春香さんは、きっと見ていて微笑ましい可愛さなんだと思います。でも、歌が上手な春香さんは、それはそれでとても美しい歌姫だと思うのですよ。

 あー、でもちょっと遠くの存在になってしまう寂しさというのはあるような気がします。



 

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【 打ち切り 】 | ホーム | 【アイマス2についての雑感 その1】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。