プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 雑感というには、色々と妄想が膨らみ過ぎてる気がしますが、まぁそれはそれ。すごく楽しみなのです。

 ということで、現時点で分かっている事は少ないですが、思ったことをgdgdと。
 なお、自分はLiveには行っていません。webにある記事についてはおおよそ読みましたが、誤認・勘違いなどをしている可能性は極めて大です。

 また、あくまでほとんどが想像や妄想の類で、今後の公式発表次第でいくらでも否定される可能性があります。
 というあたりをご承知いただいたうえで、続きをどうぞ。
[ 1st PV について ]
 1st PV が公開されて一番感じたことは、「閉塞感」というのはやっぱり有ったんだなぁということ。だからこその、ジェバンニ祭りなのだと。
 少なくともニコマスに関しては、煮詰まって、煮詰まり過ぎて、濃度が高くなってしまったが故の泥の中を歩くような感覚が有ったんじゃないかなぁと。
 しかし、「アイドルマスター2 1st PV」は、それを綺麗に洗い去ってくれたように思います。たった一発の大波で。

[ 世界観 ]
 自分は、良く似た別の765プロ、と現状では認識しています。公式にどうなのかはよくわからないです。
 なので、高木順一郎と高木順二郎は、双子とかではなくて良く似た別の誰かなんじゃないかと。
 分かり易く言うと「パラレルワールド」「並行(並列)世界」「同一可能性存在」といった感じのものとか。
 PVで765プロのビルが出てきますが、微妙に変化しているのもそういう事なのかなと。

 で。いわゆる「パラレルワールド」と認識すると何が良いのか言いますと、大抵の「違い」を許容できるということ。
 あったかも知れない別の可能性の一つ、と考えれば、千早の弟が顕在で社交性の有る千早でも、受け入れる事ができるかな、と。
 まぁ、千早の過去話については、そうならない方が良いと思える事柄なので、受け入れやすいのかもしれませんが。
 あ、もちろん「千早が歌が嫌い」とか、そいういうちゃぶ台返しみたいなのは、論外ですけどね。

 尤も、この考えは言い換えると、ただの思考停止とも言えてしまうんですけどね。


[ 外見的変化 ]
 今回、モデルが一新されるにあたっての新鮮味を出すためなのか、また1つずつ歳をとるという設定上の変化が反映されてなのか、だいぶ外見が変化したアイドルがいますので、それについて。

 まず最初に言いたい。君たち千早の胸について言い過ぎだw
 千早は元々揺れてました。水着ならはっきりと分かります。けど、PVのは自分もちょっと揺れ過ぎな気がするw たぶん、衣装毎の揺れ度の調整が出来ていないだけなんです。きっと。
 ま、それはともかく、千早は変化が少ない方ですね。髪の分け目の位置が真ん中から七三にかわった位でしょうか。しかしよりによって七三ですか。七三……73……になったりしてないよね?

 春香さんは、大きな変化はありませんが、なんかスッキリとした印象です。タコ春香さんの異名の元となったあの髪の襟足部分のDetailが細かくなった事で、サッパリとした印象になっている気がします。
 私服(私服はみんなデザインが良くなってますけど)が変わったこともあって、あかぬけたとでも言いましょうか。


 亜美と真美
 背、伸びましたねw
 1st PV の春香さん・響・真美 の3人が、ダンスパートのトップバッターを勤める訳ですが、それで見る限り春香さんと同じか、ちょっと高いくらい。
 確かに、チャイルドスモックが似合うような無印の二人も良かった訳ですけど、ここで皆さんひとつ想像していただきたい。

 少なくともPVのコミュシーンを見てる限り、性格はあまり変わっていません。
 ということは、あのモデルかと見紛う容姿で兄(c)兄(c)言いながら抱きついてきたり、膝の上に乗って来たりする訳ですよ。
 (注:一部、妄想と現実が混濁しているようです)
 それはそれでドギマギするシチュエーションですよね!
 「兄(c)もしかして、真美の事意識してドキドキしてるの!? んっふっふ~」とかね!
 むしろ、カラダだけ成長してる方が破壊力は上がるよね!

 しかし、今回から二人を同時にステージに立たせてやれるようになるみたいですし、二人の間での違いも見られるとの噂。
 そろそろ「亜美真美」とひとくくりにする癖を直さないといけないですかねー。

 真
 ぱっと見ただけの1stインプレッションは「男八段」でした。 いや、男みたいという意味ではなくて、声優の「緒方恵」さんがなんとなく真っ先に頭の中に浮かんだので。
 実際、「格好良いお姉さん」という印象で、今までの「男の子っぽい」という印象は大分薄くなったように思います。
 でも、「確実に女性のファンが多そうだ」という点は相変わらずなので、これだけ美人さんになった後でもこれまでのようなコンプレックスを持っているのかが気になります。
 恐らくはこれまで通りだと思いますので、そのあたりをどの様な「言動」や「エピソード」で表現してくるのか、そこが難しそうであるが故に楽しみにしたいところです。

 美希
 なんというか、「ゴージャス」になったなぁと。PVのダンスシーンにおける容姿の印象がチアキングに重なりますw
 耳の前から鎖骨の辺りへと流している両サイドの髪が、華やかな雰囲気を演出しているように思います。
 でも、1歳プラスしても15歳なんですよね……なんですかあの貫禄w サングラスとミンクのコートとか装備したら絵にかいたような大御所女優じゃないですかw

 貴音と響
 私服がSPから変更が無いものの、初のHD機でのモデル化ということで、待ち望んでいた人も多いと思います。
 ニコマス的にも待望であったことは間違い無いですし。
 やっぱり、二人とも髪にまず目が行きますよね。
 貴音のゆるいウェーブのかかった銀髪も、響のダンス中にピョコピョコと跳ねるポニテも、大変魅力的です。
 髪と言えば、ダンス中に髪を振り回すと、根元側から落ちて行って、毛先側が残って「J」のように一度なってから髪の弾力で勢いを増して跳ねるように毛先が落ちていく様子が本当に素晴らしい。
 響が振り回すポニテの挙動が、実に実にすばらしい。あのポニテにひっぱたかれたいとのたまう人が出てくるのもうなずけます。
 あとは、背の高さが話題になっていましたね。特に響の小ささが。
 あとあと、響の詐胸疑惑がまた浮上しているとかいないとか。


 あずささんとリッチャンと伊織
 髪型変更のイメチェン組です。
 あずささんは、大幅にカットしてショートになっており、かなり大胆な変更だと思うのですが、どういう訳か印象が変わらないというかなんというかw ああ、あずささんだなぁ。という。
 他のアイドル達が基本的に時間経過を感じさせる良い意味で「歳をとった」印象なのに対して、あずささんは寧ろ歳がひとつ若返っているような気すらします。
 ショートになった事で軽快さが出て、そう思わせるのかもしれません。

 律子さんは、髪をアップにしてスーツを着込んでOL風味ですね。意図的にそういう風に自分を演出しているって所でしょうか。
 それがかえってまだアイドルに未練があるんじゃ、なんて思ったり。
 これは、PVに出てきたコミュシーンがそういう「これからは事務の仕事をしますけど」というシーンのように感じたからです。

 伊織は本当にイイトコのお嬢様な雰囲気の髪型に。ただ、背が低い事もあってか、ちょっと背伸びしているという印象が見受けられます。
 この伊織も上記律子さんと同様のシーンのように見えますが、だとしたらどういう位置づけなんだろう。
 父親どもをギャフンと言わせてやるという目的は変わらず、アイドルになるのではなくて事務所を開いて、今度は芸能事務所のオーナーとして理不尽な要求をしてくるとか?
 そんなだったらいいなぁ。プレーヤーは下僕としてキリキリ働くわけですね!バラ色の人生ですネ!

 雪歩とやよい
 最後にあんまり変わらなかったよ組。千早と春香さんもここに含まれる気がしますけど、個別に扱ったので。
 雪歩に関しては、ロングとか見てみたかった気もしますが、髪の色からするとロングがちょっと合わないかもとも思います。

 でまぁ、これはあくまで私の想像でしかありませんが、声優さんが交代するということで、ここでさらに見た目が変わっていたりすると、本当に別人という印象になってしまうというあたりを考慮したんじゃないかな、と。
 声が似ている似て無いというのはこの際置いておいて。
 キャラクタって、大雑把に言うと「外見(キャラデザ)」と「言動(シナリオ)」と「声(演者)」の3つが主な構成要素だと思うんです。アイマス的にはVi・Da・Voの3つに相当すると言ってもいいかもしれません。
 なので、このうちの一つである「声」すなわち声優さんが変わるというのは、とても大きな事だと思うんです。その上「外見」まで変わるとなると、もう過半の変化ということになってしまいます。
 それはやっぱり「変わり過ぎ」と見られてしまうかな、と。

 やよいもほとんど変化がないですね。
 亜美と真美の成長は別にして、それ以外の変化、特に真や美希の印象が変わっているのは、アイドルとしての半年の活動を経て、人から見られる事を意識した結果ということなのかもしれません。
 もしそれが正しいのであれば、春香さんや千早はそういうことよりも歌の方に夢中で大きな変化がないのは納得できますし、やよいもまた、「着飾る」という意識は半年くらいでは生まれないように思います。
 亜美が無印からそのまま成長しているという印象に対して、真美が髪型を変えたりしているのは、亜美と一緒に見られたく無いという気持ちの表れだったりするのでしょうか。
 そう考えると、外見に変化があったり無かったりというのは、彼女達の性格が割と強く反映されているように思われます。

 この事から考えると、雪歩の外見に変化が無いのも、同様に彼女の性格に由来するのかも。声優さんが交代するからというのは、考え過ぎかも知れませんね。

 とりあえず、本日はこれまで。気が向いたら、システムとかについても思ったこと、というか想像したこと、こんなだったらいいなぁという妄想レベルのチラ裏をgdgdと書きたいと思います。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【 "一番星" in Harukarnival '10 】 | ホーム | 【 タグロック、しちゃってるからねw 】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。