プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は、カメラのアングルとかカット割りについて書きたいと思います。



 今回の動画の歌パートについては、カメラアングルを「Auto」にほぼお任せしています。実際には2カットほど別録りして追加した部分がありますが、それ以外はAutoでの撮って出しです。
 そのため、ごく短い時間でアングルが変わったりしている箇所があるかと思います。歌パート最初の美希組から春香組に切り替わる手前の真美とか、春香組の千早から雪歩へと切り替わるところなんかが該当します。
 極短くても表情が良かったり、動きが楽曲に合っていたりしていたのでそのまま残しています。

 逆に追加したカットは、あずささんが出番少なめでしたのでアップを追加したのと、春香組が「にゃー!」とジャンプするカットが途中で切り替わってしまっていたので、MIDの通しに差し替えた2か所です。

 AUTOだと独自のアングルがあるという話を聞いてはいたのですが、春香組が顎のあたりで両手をふらふらさせるカットなんかがそれにあたるんですかね?
 正面からのアングルでUPほど寄ってなくて3人がバランスよく収まっていますし、MIDのようにカメラが動いているわけでもありませんので、そうなのかと思ったのですが。
 そうなってくると、今後はもっとAutoを考慮に入れなくてはいけなくなりますねぇ。

 真のどアップもAutoの産物なのですが、面白かったので入れましたw ノービスっぽいですし、その後のカットで亜美と二人してお辞儀し合うのが、なんか謝ってるっぽく見えてしまってw あ、あとROにおける横殴りを表現している、とか。

 カットの配分は、4組がなるべくバランスよくなるようにしたつもりです。その上で、Autoなので元PV撮影時に「ここを使おう」と目星をつけておいて、その中でもポイントとなる動きがびしっと合う箇所を見極めて、BPM調整の後に前後をどこまで使用するか決定する。というような作り方をしています。
 AUTOでカットが変わっているポイントがありますので、そこで「切る」かそのまま「流す」かという点と、カットが変わらずに続いていてもダンスの切れ目でカットすべきか否か、という点の2つが判断のポイントとなるかと思います。
 組を変えてしまう場合、前後のダンスがつながり無くてもそれほど違和感を感じませんので、その点は普段よりだいぶ楽でした。

 本日はこれまで。明日は寸劇パートについて書きたいと思います。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【「Heal Me PLZ!」について その4】 | ホーム | 【「Heal Me PLZ!」について その2】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。