プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ということで、本日のお題はこちらの動画に関連して漠然と思ったことを。

【えにこP】


 gase2さんがエントリ(リンクはこちら)にて「動くべき物が動かないが故に意味が産まれる」と、すげー端折りましたが仰ってました。

 この意見に大いにうなずくと共に大変ありがたいなぁとも思います。私自身静止画を「売り」にしているつもりですし、また、このえにこPの動画を基準にして

 動いている→良い動画
 動いていない→悪い動画

というある種の共通認識みたいなものが形成されることだけは、勘弁して欲しいという思いも有りますので。

 ただ、gase2さんがエントリで冒頭に仰っておりますように、このあたりのお話というのは非常に好みの問題となります。私自身はどうなのかと問われれば、どちらかと言われれば「動 ---> 静」という繋がりの演出が好きです。
 ですが、結論としては「どちらも大切」なので、折角ですからそのあたりについて書きたいと思います。



 まず、私の場合、写真を趣味としていますから、写真(静止画)で動きを表現する幾ばくかの手法(というより"コツ"と言うのが適度かも)を知っております。恐らく明確ではなくても無意識的には皆さんが認識していると思いますが、それは「ブレ」と「フレーミング」です。

 判り易い例としては、高速で移動する被写体(ランナー・自動車・鉄道・飛行機など)の背景がぶれていると、それらの被写体が動いているように見えます。こういうのが、写真(静止画)で動きを表現する手法な訳です。

 ニコマスに置いて言えば、静止画を扱う最も大きい理由としては「表情を切り取る」という点にあります。ダンスの一連の動きの中では1/30秒もしくは1/60秒という極短い時間の為に、認識されずに通り過ぎてしまう表情というものがあります。でもそれがまた良い表情をしてたりするんです。
 そこに背景や曲、場合によっては台詞を合わせることで、その表情に意味を持たせる訳です。

 それの最も顕著な例というのが「春閣下」になるかと思います。あの「半眼」の表情のみでダンスを組む事はほぼ不可能で、実現するにはそれこそえにこPと同じくらいの労力をかけて、ほめ春香のお面のように1フレームずつ半眼の表情を貼り付けなくてはいけないw



 さて、ここまでは静止画だから「動きが無い」という事では無いのですよ、静止画だからこそ出来る事もあるのですよー、というお話。次に「動と静が補完し合う」とはどういう事なのかについて。




 gase2さんは、エヴァンゲリオンの演出を例に挙げておりますが、確かにそれらは静止画である事に意味があると思います。第2話のゲンドウ・冬月の二人が動かないことで、勝って当然と考えている事や初号機に自信と信頼を持っている事が伝わってきます。直前の初号機の動きある画との対比でそれらが強調されるという意見も同意です。

 そして、それらを例に、「動かないからこそ産まれるものが好きなのだ」というご意見でした。

 ただですね、私が今回のえにこPの作品に感じているのは、動と静が入れ替わっていても基本的には同じものだと思っているんです。

 それには、えにこPの動画に対して何が嬉しかったのか考えるととても判り易いと思うんです。じゃぁ、それは何なのかというと、「動かないねんぷちが動いている」の一言につきる訳です。
 動くべきものが動かないが故に意味や味が生まれるというのが、gase2さんの意見だと思いました。ですがねんぷちは本来全く動かない訳です。

 でも、アイマスの彼女達の事が好き過ぎる紳士諸君はきっとこう考えると思うんです。
「このねんぷち動かいたらいいなぁ」
とw

 でまぁ、その夢を叶えてしまったのが今回のえにこPの作品な訳です。そりゃぁ嬉しいですよ。それも生き生きとしていて、実に楽しそうで幸せそうな訳ですから。

 これを先ほどのエヴァのシーンと対比させてみると、

  初号機の戦闘シーン (動)  <--->  手元にあるねんぷち (静)
  ゲンドウ・冬月の描写(静)  <--->  えにこPの作品    (動)

となるわけです。
 そして、それらの先の描写が後の描写を強調していると言える訳です。


 この事から、動と静というのは裏表の関係なのだと思います。gase2さんが仰るようにどちらが好みで、どちらを「表」にしたいかというお話なのです。ただ、gase2さんは、ご自身が表だと思っている意見が少なかったから今回のエントリを立てられたのだと言う事なんだろうと思います。

 でも、延々と説明してきましたように、お互いに補完しあう事ができるはずなのだから、必ずしも対立する関係では無い訳です。
 私は別に馴れ合いをしろ、などと言うつもりは毛頭ありません。それどころか、

「それぞれについて得意なPが合作とかして、えにこPのぬるぬると動く作品に、印象的な静止カットを使った演出を入れられたりしたらたまんねーよなオイ!」

とか言いたいのです。

 うわー、えにこPの作品がまだ改良の余地が残ってるとか、そら恐ろしい事を言ってしまった気がするw


 ま、冗談は兎も角、このあたりの事をgase2さんは判った上で書かれているんだと思いますが、説明を省かれていた(他のブログで沢山書かれていたからだと思いますが)ようなので、折角なので書かせていただこうかなぁと。

 そんな訳で「双方の特徴をよく理解して、上手いこと組み合わせて行けたら良いのではなかろうか」という意見表明をし、それは私自身も取り組むべき課題だなぁと認識を新たにして、このエントリを〆たいと思います。




テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【 週末があと2回しかない 】 | ホーム | 【「春香さん」という呼び方について】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。