プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 musePが、「春香さんの事をどう呼んでいるか」(当該記事はこちら-リンク)についてエントリを立てておられまして。興味深いテーマでしたのでコメント欄に少し書かせてもらったりしたのですが、もうちょっとだけ詳しく書きたくなったので自分でもエントリを立ててみることに。

 さて、自分が春香さんを普段どのように呼んでいるかというと既に何度か書いている通り「春香さん」です。ただこれには微妙に齟齬があって、本当に春香さんへ声をかける場合であれば、恐らく「春香」と呼ぶと思うんです。
 それはつまり、普段こういう記事を書いたりする時に「春香さん」と言っているのは、実は春香さんと向き合っているのではなくて、間接的に見ているような気がします。

 「普通にテレビに出ている可愛いアイドルとして」とか、「千早の親友としての」とか、「○○Pが担当しているアイドルとして」とか。そういう風に間に何かを通して見ているような気がします。

 musePの記事にコメントしたとき「一歩距離を開けている」と書きましたが、それはつまり上記のような事なんだと思います。

 それだと春香さんが寂しがるのでは、という風に考える方も居るだろうと思います。でもそれは春香さんが私に対して好意を持っているというのが前提になるかと思います。無印の中でのプロデューサーとしてならそれが自然な事だと思います。
 ですが、その「765プロのプロデューサー」という仮定を無いものとして考えた場合、どうなるでしょう。

 そんな事を考えるようになってから、アイドルとイチャイチャする動画というのを作る事に抵抗を覚えてしまうようになったんですよね。「あまりにも都合のいい事を言わせていないだろうか?」って疑問が頭から離れないのです。
 これは春香さんに限った事ではありませんが。

 自分の都合・願望・感情を押し付けずには動画なんて作れないんですから二律背反もいいところですし、「どこまでならOK」という明確な線引きもできませんけど、動画作りを止めたくはありませんので、なんとか折り合いを付けてゆかなくてはなりません。
 私の場合その一つの形が「はるちは」のように思われます。

 あのEDにおけるPの春香さんに対する答えというのは、「純粋なアイドルのままであって欲しい」というものでした。しかし、だからと言って春香さんに対する異性としての好意が全く無かったとは考えたくありません。

 今回触れた内容というのは、案外あの時のプロデューサーが抱えていた葛藤と似たものなのかも知れない……というのは、ちょっと「都合のいい解釈」に過ぎますかねw

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【動と静は互いに補完しあうものだと思うのですよー】 | ホーム | 【アイドルマスター 2009年下半期ニコマス20選 まとめ動画】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。