プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 シネ☆MADみたいな企画は、個人的な都合でスルーするようにしているのですが、今回は2作品だけ拝見しました。その二つのうちのこちらの作品について触れずには要られないので感想を書かせていただきたく。

【シネ☆MAD 3rd より、プラネット☆ラヴ】


PV枠:deadblue238P、 シナリオ枠:介党鱈P、 デザイン枠:947daP


 ネタバレにはならないようにしたつもりですが、それも人によりけりという面もありますので、一応続きは格納。


 なんといいますか、お話の雰囲気が凄く好きなのです。結構「重い」話なんだけど「暗い」わけじゃない。別れるのは辛いけどれ、そう思える間柄になれたことを喜びたい。届かない事を本当は解っているんだけど、それでも手を伸ばさずには居られない。そういうお話。

 何気ない日常的な交流の様子を描いたシーンが大半を占めるのですが、その中に沢山のKeyとなるやり取りが織り込まれています。
 それらは、読み進めるにあたっては全く気づかないか、せいぜいがちょっとした違和感程度でしかありません。しかし、やよいが本当のことを語るにつれて、それらはやよいが千早や美希の事を思って隠そうとしていた「本当のこと」がこぼれ出てしまっていた事柄なのだと解り、ただありがちな日常的エピソードを並べていただけでは無い事がわかります。

 その時の物語が繋がった感覚というか、「ありがち」というある種、退屈と感じていたものが全て外す事の出来ない描写であると解った時の、「そういう事だったのか!」という印象が連鎖的にひっくり返る際の気持ちの高ぶりには、堪えられないものがあります。

 もちろん他にもOPEDの選曲が絶妙だとか、OP映像のステキさ加減は流石だなぁとか、947daPのイラストは可愛い上にそこはかとない色香が漂っていて大好きですとか、美希の被っていたねねこ帽子の改変具合がとても可愛くて真似したいなぁとか、ステキな部分は沢山ありますが、お話のテーマ・雰囲気・展開の仕方が特にすばらしかったので、そのあたりが中心となってしまいました。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【 千早のこと 】 | ホーム | 【 微速前進 】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。