プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 亜美と真美のどちらが不憫か、というあたりの話を何日か前にエントリしましたが、それについての追加です。
 あまりいい気持ちで書いていないので、以下格納します。

 本日そのエントリについて、コメントが寄せられました。

 今回頂いたコメントだけでなくて、具体的に何の折だったかは覚えておりませんが、同様の意見を別のところでも見たことがあります。

 いわく、「亜美は名前に「亜」の文字が使われているから不憫」なのだとか。

 で、少しだけ調べてみたらこういうサイトに行き当たりました。

 命名字解 さん (亜の文字についての解説エントリ)
  http://mei2jikai.blog113.fc2.com/blog-entry-62.html

 結構長いですし、読むのが面倒ではありますので簡単に書かれている内容を勝手に要約しますと、「亜」という文字の原型である「亞」という文字には「世代を継ぐ」という意味があると書かれています。

 真美という同列となる姉妹の「次」という意味だと解釈するから変になるわけで、「親の次」、「親に続く」と解釈したならば、そんなに変な名前だとは私は思いません。
 亜美と真美のご両親が、自らが人に誇れると考える美しい何かを、我が子にも受け継いで欲しい、叶うならより美しく磨きあげて欲しい、そういう想いで亜美と真美と名づけたとは解釈はできないでしょうか。

 私にはこのサイトに書かれている内容の裏を取ることができる知識も能力も持ち合わせておりません。一から言語や文字の成り立ちを研究し始めるというのも現実的な選択しではないでしょう。
 さらには、ゲーム製作者の人達がどういう意図で名前をつけたのかもわかりません。

 でも、どうせ確証となるものが無くて思考停止するしかないのであれば、ここに書かれている内容を是として、思考を停止する事にします。

 亜美に対して「お前はかわいそうな子だ」と言う事の方が、亜美にとってより不幸だと私は思うので、叶うならそれを否定してやりたいと思います。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 【2009年上半期ニコマス20選 集計お疲れ様でした】 | ホーム | 【初音ミク Project DIVA 始めました。】 >>

コメント

>>KushioakP
 自分は人を評価するときに「絶対やってはいけないこと」を一つ肝に銘じています。それは「生まれを否定してしまうこと」です。
 生まれた場所、親、名前など。
 人が後の努力などで挽回できない要素で当人を否定してしまうと、その時点でオシマイだと思っています。
 民族問題などでもそうですが、それをやってしまったら、個人の良い部分やゆとり・・・心の余裕のことですが、そういった好ましい在り様に解けない呪いをかけることになるからです。
 それに名まえの件とは関係なく、亜美が「不憫」だなんてそもそも口にすべきじゃあないとも思います。そうと決まったわけでもないのに。と、美希ファンは思うのですよ。

Tomさん、

元々本編での描かれ方としてそういう傾向にあるのが、根底にあるような気がします。
それに、良くも悪くも「勧進帳」に代表されるように「判官びいき」の気質がありますしw

だから基本的には「なんとかしてやりたい」という気持ちの表れではあると思うんです。
ただ、それならもう一歩先に進んで、その「なんとかしてやりたい」と思った事について
「なんとかしてあげた」結果を表に出して欲しいなぁとは思いますけど。

いや、各々の動画の中では、そういう「結果」が「過程」と共に描かれているのだと思います。
折角なのですから、不憫という過程よりも、それを否定した「結果」をこそ覚えておいて貰えれば、
亜美と真美のPの方たちも報われるのではないかと、そう思います。


コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。