プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は、これを頭からぶっ続けで観ました。


 面白いわー。何やってるのか全然わかんないですけどw とりあえずぷよ72は予約しました。が、現行品も買ってきました。でもやっぱり下手です。

 ま、これもありますので、最新作の72までにぼちぼちと練習するであります。


 
 新作はおかげさまでデイリーでのランキング(総合マイリス)にギリで入ることができましたし、再生数やマイリスはもちろん、紹介してくださったブログの数とかこのブログの閲覧数とか、まぁ色々な所から手応えを感じております。

 さて、以前「冲方丁のライトノベルの書き方講座」という本を読んだという事をエントリした事があります。この本はライトノベルを書くにあたって著者である冲方氏自身が、どのようにしてストーリーを作り上げたのかを具体的に提示することで、お話を書くことは思っているよりも敷居の低いもので、書くことを楽しむことで読むことをさらに楽しむ事ができるんですよ。そうすると小説の業界全体の活性化にも繋がりますよ、というような方向性で書かれた本になります。

 難しい理論を並べられても理解するのは苦労しますが、実際に行われた事を時系列に沿って並べて、この時はこんなことを考えていましたと簡単に添えられているだけのものなので、全くの0知識状態からはじめる為のとっかかりとして非常に判りやすくて良いと思います。

 前置きが長くなりましたが、この本の中で説明された手法の中に「種書き」というステップがあります。つまるところ使えそうなキーワードをとにかく集めるという作業になるのですが、これはニコマス動画を作成するのにも使えそうと思いましたので、今回真似をさせていただきました。

 で、それに基づいて作ったドキュメントというのがこちらになります。

種書き


 一言で言えば「連想ゲーム」になります。左から右へと、前の言葉から連想される言葉を分岐させつつ羅列しているだけです。この時点では蒼く色をつけてあるのが最有力候補で、最初は春香×春閣下を歌詞にある赤と白に見立ててDUOにし、すれ違う所で一人にして、衣装を今回使ったようなピンク色のものにする、というような事を考えていたわけです。

 今回は 【KenjoP】の作品がありましたから、そのまま行ってたら交通事故どころじゃ済まなかったですがw


 話を戻して。こうやってキーワードを並べていると、その単語からシーンが浮かぶんですね。上で書いた閣下と春香が一つになって~とか。そうやって沢山思い浮かべたシーンを何かしらのテーマに沿って串に刺してやると、動画の全体像が出来上がるわけです。そのテーマも、このキーワードの中から拾う事ができます。その際無駄になってしまうものもありますが、アイドルとかシチュエーションをアレンジして後日使う可能性もありますし、まるっきりの無駄でも無いと思います。

 今回で言うなら、歌の1番にある「ポケベル」という単語。この一言の為に「1番カットで2番のみのshort」になりました。それによって2番のみのshort音源を作成して繰り返し聞くようになってようやく春香の誕生日にぴったりだと気が付く訳です。これが前述の横串としてのテーマとなりました。
 このあたりから先は、すでに並べていたキーワードが瞬時に繋がり、今回の動画の全体像がそれこそ霧が晴れるように明確になりました。

 こうしてイメージが出来上がると後は実作業の話となります。歌のシーン単位で区切って、ダンスをあわせるべきパートとストーリーで使った方が勝手がいいパートに分けたり、それにあわせて画が作れるかどうかダンスから表情を探したり、画のイメージに合う背景を用意したり、笑顔を印象付ける為にちょっと拗ねてもらう話にしたり、という具合です。

 以上、簡単にアイデア出しの過程を書いてみました。私の動画に限らず、「ストーリー系PV」を作ってみたい、作ってみたい曲がある、でも何をしていいのか良くわからんという方は、まずこんな事をとっかかりにしてみてはいかがでしょうか。今回はダンスシーンとか入れましたが、全てを紙芝居にしても良いわけですし、1枚1枚の尺を長くすれば、枚数もそれほど多くは必要ないでしょう。それなら自前で素材を用意できる環境が無くても作れるんじゃないかなぁと思います。



<以下、コメント返信です>
R(略)P、
>ホントはいの一番に観てついったでコメントしたはずが、
>重くて消滅してしまったという・・・;
 それは、ありがとうございました。確かに最近かなり反応が鈍かったりしますよね。レイアウトが崩れたり反応しなくなったり結構困り者です。


>それらが相まって、全体がすごく楽しくて優しいというか。
 今回は、製作前に全体的なイメージをかなり明確にすることが出来ていたので、それが良かったのだと思われます。
 今回のエントリで書いた手法が効果的だったら、良いのですが。

>ほんわかとなれる良い作品でしたー。GJ!
 ありがとうございます。やっぱり私としてはポジティブな場面を作っていけたらと思っておりますので、楽しんでいただけるようなものが今後も作る事ができるように頑張りたいと思います。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< もうちょっとぷよぷよで息抜きを | ホーム | ウォークマンで聞いてるだけで、アイドルが踊る姿を幻視できるようになりました >>

コメント

No title

私も以前、かの本を手に取りました。書店で見つけた当初は立ち読み気分だったのに、あのファンキーな出だしも有って気が付けば自宅で読み耽っていたことを思い出します。あ、いえ、ちゃんとレジには持っていきましたよ?(笑)
自分がどちらの立場を取るにせよ、読み手と描き手、双方の視点を知ることがどれだけ重要か、改めて思い知らされたものです。

御紹介の『種書き』は私も使わせて頂いていて、そこから全体の構想を練っていくのですが……私の場合、練り上げていざ実作業に入ると、想定していなかった要素が雨後の竹の子のよーに顔を出すのが困りものです。
人物の心の動きだったり、目撃者の反応だったり、はたまたそれらの不自然さだったり。
その問題を解決するために改訂を加えていくのもまた心地良い作業ではあるのですが、自分の見通しの甘さに呆れて「もっと『これがどういうお話か』わかってから描けよ」と思うこともしばしば(笑)。
ううん、イマジネーション不足かしらん。描いてみないとわからないというのは、面白いけどヒヤヒヤもんです。KushioakPには、そういった経験お有りでしょうか。千早たちが思いもよらぬ行動に出るというか……。

【蛇足】
宣伝じみた物言いで恐縮ですが、当方ただ今春香さんのお話を執筆中につき、完成までKushioakPの作品を含めた誕生祭動画の視聴を控えております(ひとつ観ちゃいましたけど)。サムネと作者コメだけでホイホイ再生してしまいそうなのですが、ぐっと堪えて我がとこの出産に専念、専念。
拝見させて頂いた折には、遅まきながら感想を述べにお邪魔したいと思います。

【蛇足2】
事後承諾で(またしても)恐縮ですが、拙宅のブログにリンクを貼らせて頂きましたので御報告致します。
今後ともどうか宜しくお願いします。

では、また。

【追記】
うわ、長orz

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。