プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、正確には今日の午前1時ですが、【如月千早誕生祭~72時間生放送~】内企画のひとつである「プロデューサーX~制作者たち~」に寄せた文章を全文掲載したいと思います。


【タイトル】
【如月千早誕生祭】【PV】「Reset」


【この曲を選んだ理由】
 悲しい想いを整理して、けれども決別してしまうのではなく胸に仕舞ってその想いと共に歩き続ける。そんな歌詞のイメージを、弟の笑顔を大切にしつつもようやく距離を置く事ができるようになった、Bランクへのランクアップコミュの千早の姿と重ねました。


【演出上工夫した部分】
 一番力を入れたのはやはり桜の花弁です。
 曲の出所であるPS2ソフト「大神」の劇中で舞い散る桜の花弁がハート型でしたので、それに準拠して用意しました。画面上うるさくならないように、でも印象に残るように。そう考えながら織り込んだつもりです。

27h-px-01 27h-px-02 27h-px-04

 それと、基本方針として「自分の写真でより千早を魅力的にしてあげられるように」というのがありますので、歌詞にあわせて四季を象徴する写真を差し込みました。

27h-PX-10 27h-PX-1 27h-PX-1 27h-PX-1 27h-PX-1



 なお、その際に以前からやってみたかったorgonePの



における合成手法を真似させていただきました。この場を借りて御礼を申し上げたいと思います。


【作品制作の中で苦労した部分】
[1分23秒~ 「千早が桜の花弁を振りまく」シーン]

27h-PX-06 27h-PX-07 27h-PX-0 27h-PX-0

 それらしく見せる為に、3段階ほどの手順を経て花弁が散ってゆく素材を自作しています。扇状に飛んで行くのとは別に最後一瞬だけ横から飛び込んでく花弁を追加してありますが、これが単調になるのを防ぎ、奥行きを出してくれていると思っております。
 また、次のシーンへとつなぐ為に手の動きを追うようにズームさせておりますが、これも手作業で設定しており、初めてリニア(一定の変化率)ではなくベジェ(緩急のついた変化率)を使って調整したりしています。
 手数が一番多かったのはここではないかと思われます。時間はかかりましたが、その分頭の中のイメージに大分近づける事が出来ました。


【視聴者に一番見て欲しい部分】
[1分47秒~ 「千早が桜の大樹を振り仰ぐイメージ」のシーン]

27h-px-03

 前述の「苦労したシーン」が見て欲しい箇所でもあるのですが、「同上」というのも寂しいので
手前味噌ですが良い印象に仕上がっていると思う箇所を。

 このシーンは、照明で千早の顔が紫になる影響を排除する為に「背景ありの素材」の上に「BB素材」を重ねています。同じ設定なら全く同じ動きをするのかと思いきや、数フレーム程度のズレが生じているのか「BB素材」の千早と「背景アリ素材」の千早がピタリとは一致しませんでした。

 そこで、「背景あり」の方にブラー(ぼかし)のエフェクトをかけて誤魔化したのですが、これが結果として被写界深度を演出することになり、千早を浮かせて強調し、程良い奥行き感・空間の広がり感が出ていると思います。
 ぼかしの無いシーンとの印象の違いを楽しんでいただければと思います。


【千早について感想】
 千早という娘は、自分を「アイマス」の世界へと引っ張り込んだ張本人になります。ゲームに触れたのも、ゲームセンターのモニターで流れていたオデ突破後のTV映像で歌う「蒼い鳥」に魅かれたのが最初でしたし、関連CDの楽曲で自分が気に入るのは全て千早の歌でしたし。

 そんな千早の存在が無ければ、私にとっての「アイマス」は、「名前は知っているけど、時々ニコニコ動画で見かけるかな~」程度の認識のままだったと思います。
 ニコニコ動画はβ時代から楽しんでおりますが、Pデビューは08年8月という事からも、ニコマスとの付き合いが程ほどだったと言えるでしょう。

 しかし、経緯や時節はともかくとしてニコマスPデビューしました。そのラインを超えたのは間違いなく千早に引っ張られたからです。
 簡単に言い換えれば「千早といちゃいちゃしたい」が原動力だった、ということになるんですけどね。

 今回紹介して頂いた動画と組みになっている紙芝居の中で、Pに「新しい世界を見せて貰えると信じている」という台詞を言わせていますが、その「新しい世界」という言葉はまさにこの「アイマス」ひいては「ニコマス界隈」に引っ張り込んでくれた事を指しています。

 千早は、新しい事を始める為の切っ掛けを私に与えてくれました。では、自分は千早の翼になれるだろうか・・・。結論については棚上げするとして、千早にそう言ってもらえるような動画を今後投稿していけたらと思います。

 それに、千早は当初自分の居場所を欲しています。それは自分が他人(というか両親)から必要とされていないと感じているからなのだろうと思っています。

それならば。

 自分の動画を通じて、千早の事が好きだと言ってくれる人が増えてくれればと思います。それが千早の力になるでしょうから。



テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 72時間生放送を終えて | ホーム | 72時間生放送 自分関与部分終了しました >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。