プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 こちらにつても、同じ項目について綴りたいと思います。

【基本コンセプト】
 おおよそ投稿コメントが全てです。あとは犬好きな千早にアマテラスを引き合わせたかったとか。まぁ犬じゃなくて狼なんですけどね。
 冒頭にクローバースタジオのロゴと一緒に千早とアマテラスのカットを入れましたが、散歩しているような感じにしたかったんですけど、アマテラスと目を合わせているように見えるポーズというのがなかなか見つからず、ちょっとジョギングっぽくなってしまいました。が、まぁそれも千早らしくて良いのではないかと。
 アマテラスは、もちろん天照大神の化身なので、その加護が得られます様にということも含めていたりします。

【舞台について】
 今回作成にあたり、ステージ動画のみで勝負するという縛りを設けていました。これは、カメラの動きとか切り替え等についての工夫を身につける為に設定しました。その為か、ちょっと過剰かなぁという気がするくらい今回アングル変えたりカメラを動かしたりしています。

【捏造写真について】
 曲がショートということも有ってストーリーとして選曲の想いなんかを織り込めていませんでしたので、最後に短く文章を入れてありますが、その際の背景は動画よりは静止画だろうということで、前作と同じ方向性で1枚写真を作成しました。
 桜の花弁が舞う中、その暖かい春の風に身を委ねている様子をイメージしました。背景と同化してしまって舞い散る花弁が見づらいですが。

【使用楽曲について】 
 平原綾香さんの「Reset」です。この曲は、ちゃんとゲームをクリアして聞いているのですが、これ一曲の為だけに5枚組みのサントラを買ったりしています。もちろんBGMも素晴らしいんですけどね。「太陽は昇る」という楽曲がありまして、それがテンポの良い和楽器(風?)の音で作られた曲なのですが、これでダンスシンクロやってみたかったり。

 奇しくも、このブログでひと悶着(というか一人で勝手に頭抱えていただけですが)のあった「music」と同じ「4つのL」というアルバムに収録されていたりします。

 さて、最後になりましたが、この動画については「72時間生放送」のあるコーナーで取り上げていただけるお話が来ております。確定情報が出次第お知らせいたしますので、そちらもよろしくお願いいたします。


テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

<< 間際に用意した素材とは | ホーム | 【如月千早誕生祭】「いまここにいることが、答えと信じて」 >>

コメント

いい作品をありがとうございました

>>Kushioak P
犬じゃないやい。わん!
と、大神未プレイ者が言ってみる。

ノベマスパートとの繋がりがうまいっ!
単に作品紹介的なものだけでなく、一貫したテーマで連作が存在しているので、通しで見ていて非常に気持ちがいいです。
PVとノベルっていったらhscのremembranceとか思い出しますが、Kushioak Pの構成も凄くよかったです。

花びらは出現時間が短い部分が良かったと思います。カメラワークとのマッチングも素人目にはバッチシですし。
カメラが結構動いているとコメントにありますが、それほど派手な印象は受けませんでした。素人目にはw

『大神』ですが、ゲーム持っていないのにshopではついついCDに手を伸ばしてしまいます。エースコンバットも音楽で購入決定した私なので、『大神』も悩んではいるんですよねぇ・・・

そして例の「一悶着」をすっかり忘れていた私。
そんなものですってw
愛があれば好し!

誕生祭動画、拝見させて頂きましたー。

自分の大好きなコミュが、このような素敵な形で解釈された事自体がもう嬉しくて。
ノベル・PV共に魅せて考えさせてくれる良い内容でしたー。

大切な祈りが届くように、今日も歌い続ける。
それはきっと千早の中でずっと変わらない、
ずっと大切な想いなのでしょうね。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。