プロフィール

Kushioak

Author:Kushioak
読み:クシオーク

連絡先:kushioak★gmail.com
(★を@に変更してください)
(ダイレクトメールの類はお断り。サイト内のコメント等投稿者のものも同様。)

【Wiki等紹介ページ】
1:The iDOL M@STER ニコニコ動画まとめWiki 個別ページ

2:ニコニコ大百科 "KushioakP"

3:im@s架空戦記シリーズ紹介wiki STG系まとめページ

4:Twitterアカウント

【作業環境】
Adobe Premier Elements 4
Adobe Premier Pro CS4
Adobe Photoshop Elements 6
aviutil+プラグイン色々
nukIM@S-2
Banboo Comic(ペンタブ)
Canon EOS20D

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 さてさて、TVアニメ「アイドルマスター」ついに始まりました。
 当日の読売新聞に、1面使った広告が入れられていましたね。しかも販売網の地区毎にアイドルを変えるという懲り方でした。

 さらには、同日深夜(7日25:10~27:00)、出演声優(通称、アイマスガールズ)が8名も登場してリアルタイム・コメンタリーを行う、ニコニコ生放送番組「実況パジャマパーティー!」を組み、来場者数およそ15万、コメント数およそ30万という数字を叩き出していました。

 この日一日は、これまでずっと待ち望んでいた姿の「アイドルマスターのアニメ」が放送される日ということで、また、事前の雑誌やweb媒体での広報活動を通じて、それが相当に「期待しても良い」と思えていた所に、上記のような流れもあって、ついったーでのアイマス・クラスタは皆、一様にそわそわとしながら、放送の時刻を待っていたのであります。

 と、前置きが長くなりましたが、この日の状況は簡単にでも書いておきたかったので。端っこにとはいえ渦中に身を置いた人間として、この日、一日を通して感じていた浮き足立った気分は、これから一体何度感じることができるのか、それは判りませんからねぇ。アイマスであっても、それ以外の作品であっても。

 そんな訳で、これより本編の感想に入りたいと思います。ネタバレはキニシナイ方向で書きますので、未見の方はまた視聴後に来ていただけると嬉しいです。
 かなり時間が空く事にはなりますが、ニコニコでも配信されるという話が出ましたので(一定期間なのか、1回だけ視聴会生放送が行われるのかは、自分には定かではありませんので各自で確認してください)、ネットしていない地域の方でも御覧いただけますので。

 それでは、感想を読んでも良いという方は、↓の「続きを読む」をクリックしてくださいませ。

 

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

| ホーム |


 ホーム  »次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。